ワイバーンギフ
ワイバーンギフ

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2013/12/31
最終更新日:2014/01/01 10:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ワイバーンギフ 第1章 誕生前夜
-第3話岐阜ワイバーンギフ誕生



次の土曜日。
島村でチェニックを見ていると、携帯が鬼束ちひろのビューティフルファイターを歌い始めた。
「はい…」
-カズ?おじさんだ。何してる?
「買い物だよ」
-また1人で島村かぁ?15分24秒で行く。それまでに買い物を済ませられるか?
「買い物は1人がいいんです~それはいいけど。どうしたの?」
-クラブハウスと練習グランドが出来た。膝肩君に連絡してくれ
「わぁ!やった~。すぐ連絡する」
気付くと、周りのお母さん達が見ていた。
「すいません」
慌て携帯を切ると、店の外に出た。



ドキドキしながら、電話帳のリストから膝肩敏文を選んで、呼び出し音を聞きながら待った。
-はい
「もしもし。膝肩敏文君の携帯ですか?」
-そうです
「能登島です」
-あぁ!カズさん。
「今大丈夫ですか?」
-大丈夫です。復帰に向けて、心肺能力のトレーニングしてました。
「そうなんですか!今秀彦おじさんから電話が有って、クラブハウスと練習グラウンドが出来たって連絡が有りました」
-よしっ!ありがとうございます!カズさんのおかげです。カズさん大好きです!
「えっ!いや…あの…そんな」
私は急に恥ずかしくなった。そして、奥手の自分が初めて男の子に電話している事に気づいた。
「あの。また、秀彦おじさんが来たら電話します」
慌て電話を切った。胸がキュンとした。


秀彦おじさんのワゴンに乗ると、不思議そうに顔を覗き込まれた。
「カズどうした?変だぞ」
「何が?」
「やけに綺麗になってる。カズでも色気づくんだな?」
さすがにムッとしたが、不思議な事に腹が立たない。
「そういうのをオジサンって言うの。デリカシーがないんだから」
とりあえず横を向いた。
「そうじゃない。今時の高校生が彼氏なしで色気も無いんじゃ心配だったんだよ」
「大きなお世話です!」
言いながら、落ち着こうと必死だった。



ワゴンの窓は塞がれていて、後ろからは外が見えない。スペースシャトルみたいに、ビッシリ電子機器で埋まっている。
ーボス トウチャ~ク ヒザカタクンハ モウ デテキテマス
スピーカーがピットマンの声を流した。


秀彦おじさんとワゴンを降りると、見違えたように元気な膝肩くんが居た。FC岐阜のユニホームを着て車椅子の上に居る。お母さんがそばに立っていた。
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ