ワイバーンギフ
ワイバーンギフ

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2013/12/31
最終更新日:2014/01/01 10:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ワイバーンギフ 第1章 誕生前夜
「単なるウォークマン?」
イヤホン一体型の白いウォークマンだった。磁石で左右がくっついていて、コードがちょうどハートマークを描いている。
「ケースだけ使わせてもらった。中身は無線ラン中継機と、画像音声データに入れ替えて有る」
「へー無線ランって、どことつなぐの?」
「詳細をブッ飛ばして言うと…装着者の視覚野及び聴覚野領域…大脳だな…それとネット上のクラブとだ」
「そんな事して大丈夫なの?」
「動物実験では問題無い。モニタリング試験はまだだが、昔のSFみたいに、脳にコネクタやらスロットをつけて、ライン繋ぐよりは安全だ。ニューロマンサーやマトリックスとか知ってるだろ?」
「オンラインゲームと脳を直接やっちゃうわけ?」
「いや。この場合ゲームじゃない。ネット上にサッカークラブが有り、そこに有る体でサッカー選手として働くんだ」
「オンラインゲームとどう違うの?」
「コントローラーでプレイしない所だな。脳でネット上の自分を動かす。そして負荷は疲労として、現実の体にフィードバックされる。もっともケガや命に関わる部分はカットさせられる。ネット上の自分はケガや死に至る事も有る。つまり、オンラインゲームならコントローラー操作が上手い奴が勝つ。しかし、このネット上サッカーでは、脳のイメージ能力と心肺能力の高い奴が勝つ。そして足が無くても、目が見えなくても、寝たきりでも、サッカー選手になれる」
「それが有るの?ウォークマンの中に?」
私はワクワクした。
「まだだ。これから造る。いま話を聞いたばっかりだ。俺はハリー ポッターじゃぁない」
「凄い!今の全部、今考えたんだ」
「基本的な技術応用モデルが有るから、バリエーションは出てくる」
「それでっ!いつ頃クラブは出来るの?」
「モニタリング試験をパスして、安全が確認されて、厚生労働省と経済産業省の許可が出ればすぐだ」
「それはいつ頃?」
「まずモニタリング試験に1000万円。スポンサーを探すか、ニューグリップタイヤあたりに持ち込んで、共同開発するかだな…」
「それって、不可能って事…」
秀彦おじさんは笑って見せた。
「バーニー ヘンドリックスが言ってる。不可能ってのは、可能になるまでに時間が掛かると言う意味だとね」
「誰?有名な人?」
「テクニカラー タイムマシンの主人公さ。それはいいとして…」
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ