ワイバーンギフ
ワイバーンギフ

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2013/12/31
最終更新日:2014/01/01 10:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ワイバーンギフ 第1章 誕生前夜
「安全性については、理解しました。しかしネット漬けになる事に懸念を感じますが?どう思われますか?」
「将来的に、無線ラン中継機が一般販売されると、誰でもクラブハウスやスタジアム及び周辺施設に出入りできます。匿名性は皆無です。町の延長線上に存在すると言っていいでしょう。母親は子供を連れ戻しに、ログインできます。警察も介入可能です。強制的にログアウトも可能です」
「そうではなくて、ログアウトしたくない人々の発生に対する懸念です。彼らがログアウト出来ないような方法を見つけた場合…あるいは不法なログインをして、存在を確認できない場合です」
「仮定の質問にはお答え出来ません。ですが、将来に向けて研究しておくべき課題だと思います」
山際さんは、メモに目を落とした。彼は500人中唯一パソコンを開いていなかった。それは鞄の中にしまわれていた。
「彼らが町に出なくなる事は?」
「ログインして、飲食は出来ません。排泄も出来ません。食料品や飲料水も買えません。配送日数が有っても問題ない物だけです。スタート時は買物は出来ません。試合が観られるだけです。町から買い物客が消える事は有りません」
「ハッキングに関しては?」
「システムはクライムズの能登島秀彦が担当しています。ハッキングや個人情報流出には、クライムズで実績の有るファイヤーウォールが使われています。軍事用のウイルスにも耐えた物です」
「なるほど。質問は以上ですが…心配な事が有ります」
「何でしょう?」
「未確認な情報ですが、経済産業省の木曽川審査官と能登島秀彦さんに、無線ラン中継機の認可を巡って金品が動いたとして、特捜部が捜査を開始すると言う噂です」
私はカッとなってしまった。
「能登島秀彦はそんな事をする人物では有りません!」
「知っています。この噂には、付け足しが有ります…」
ホールに居る全員が息を呑んだ。
「…正保寺経済産業大臣が、無線ラン中継機の認可をしないように、事務次官に再三指示していたが握り潰していたと言う噂です。事実なら迅速な対応が必要かと思います」
山際さんはわざとリークしてくれたのだ。記者が集まっている場所で…。経済産業省の内紛なら特捜部は動けなくなる。その間に大臣と話を付けなければならない。
-私がやるから、君は続けなさいー
厚見社長はそう言って舞台のソデに消えた。



次話!
-第9話 木曽川審査官
29
最初 前へ 26272829303132 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ