ワイバーンギフ
ワイバーンギフ

発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2013/12/31
最終更新日:2014/01/01 10:26

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ワイバーンギフ 第1章 誕生前夜
「濃尾新聞の岩田さん」
「……」
「理念に賛同して頂ければ、岩田さんの協力をお願いします」
私は立ち上がって頭を下げた。もはや秀彦おじさんの想定問答集は、頭から吹き飛んだ。その瞬間私は能登島和代代表になっていた。
「わかりました。頭をあげて下さい。私に偏見が有った事をお詫びします」
「理解して頂くのが記者会見の目的です。この技術は新しく、これまでに存在しなかった技術です。これから産まれ出るこの技術は、新しい概念が必要です。岩田さんは、新しい概念が無いだけで、決して偏見が有った訳では有りません。お詫びは撤回して下さい」
岩田記者は笑いながら、頭を振った。
「能登島代表。降参です。もう一つ質問させて下さい」
「どうぞ」
隣で厚見社長が、良いぞ!と小声で言った。
「無線ラン中継機の安全性についてですが…資料の数字について簡単にご説明をお願いします」
「動物実験において、人体及び脳神経系に対して、影響が無いと言う結果を示しています。仮認可状態で現在膝肩選手が1日8時間ログインして、健康に関する試験を行っています。これを1ヶ月行って異常が無ければ、100人に増やして1年間試験を行います。これで問題無ければ、経済産業省の認可が正式に下ります。本格的なクラブの活動はその後になります」
岩田記者は配らていた無線ラン中継機を持ち上げた。
「これが無線ラン中継機ですか?」
「そうです。質疑応答の後にみなさん全員にログインして頂く予定です」
「多少不安なんですが?」
「では…この機器は、テレビや携帯電話 パソコンより安全性が高いと申し上げておきます」
「私からは以上です」
岩田記者は座った。
「他には?」
30代くらいの女性の記者が手を上げた。
「どうぞ!」
「セレビィの菅沼です。主に働く女性を応援する雑誌なんですが、高校生でトップである能登島代表さんに非常に興味を持っています。たくさんの年配の男性に囲まれていらっしゃいますが、女性として、心構えのような事は有りますか?」
「理念で繋がれば、性別を意識する事は有りません。この先に、家庭を持つようになれば、心構えも必要ですが、今は特に有りません」
「無線ランのデザインなんですが、デザインや色のバリエーションはお考えですか?」
「現在は、選手とチーム関係者プレスのみに貸与する状況です。将来スタジアムで試合が出来る状況になれば、それも有ります」
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ