訪問者 ―visitor―
訪問者 ―visitor―
完結アフィリエイトOK
発行者:秋月乱丸
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2014/01/19
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
訪問者 ―visitor― 第5章 last competition
 振り向かずに歩いて行くくるみに、そっと視線を送りながら健吾は呟いた。

「……こんなんじゃ、まるっきりダメな男じゃねぇかよ」

 確かに善戦はした。だがそれだけだった。全力を尽くしたが結果は出せず、彼女にまで気を遣わせてしまっている。情けない男だ自分は――そんな気分になっていた時、新たな声が健吾を振り向かせた。

「残念だったわね」

 沙綾だった。だがいつの間に来たのか。健吾は全く気付かなかった。

「そうだな」

 突然の事に驚いたせいか、くるみに反したのと同じ言葉が、やや固く響いた。

「もう一つ勝てば、決勝だったのにね」
「ああ、そうだな」
――異星人に何が分かる

「全力が出せなかった?」
「いいや、タイムは自己ベストだった」
――開会前にあんな騒ぎになって全力が出せるはずが無い

「私が来たせい?」
「いいや。スタートラインに立っちまえば、どんな事も頭から消える」
――そうだ、お前のせいだ

「私は来なければ良かった?」
「そんな事は無ぇよ」
――お前さえ来なければ

「悔いは無い?」
「もういい!」

 壁を殴る音が通路に響いた。荒い呼吸音。そして、少しの時間が流れた。

「――悪い、少し一人にしてくれ」
「分かったわ、ご免なさい」

少し俯き加減に沙綾が言う。

「ただ……知りたかったの、どうしても」

 知りたかった? 何を? 地球人の感情の事なのか、それとも競技自体の事なのか。健吾には判断がつかなかった。そして沙綾は振り向きながら、そっと伝えた。

「許してくれるならいつでもいい、あの場所へ来て」
「……分かった」

 健吾は歩いて行く沙綾の方を見る事が出来なかった。

「……最低だ、俺は」
48
最初 前へ 45464748495051 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ