Negative Reaction1
Negative Reaction1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:Negative Reaction

公開開始日:2013/11/25
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Negative Reaction1 第2章 Phase2
 五年生に上がってまたロクちゃんと同じクラスになったとわかって、僕は何だかいやな気分がした。ロクちゃんはその頃から体がぐんぐん大きくなって、目つきの暗さは相変わらずだった。考えたら、ロクちゃんはすごくかわいい男の子だった。二重の大きな目で、愛嬌があって、見るだけで大人の人の顔がゆるむくらい。三年生くらいまではね。けど、今はこわい。
 僕は相変わらずひょろっとして小さかった。お父さんが病院を継げっていうから、一生懸命勉強してる。勉強は好きじゃないし、面白くもないけどね。
 一学期の後半頃から、ロクちゃんを中心に、おかしなグループができはじめた。クラスをまたいで、七、八人かな。黒板にエッチなラクガキとか、ポスター破ったりとか、トイレットペーパーが、窓から垂れ幕みたいにぶら下がったりとか……何て言うか、目立つ割に罪のないいたずらが多かった。刺激的だったから、クラスでも子どもの中ではわりと「ウケ」がよかった。先生も、事件のたびに大声で叱って、見えないところでゲンコツも飛んでたみたいだけど、そう深刻にはとらえてなかったみたい。
 僕は関わらないようにしてた。実際関心もなかった。ただ何となく、前よりちょっとだけロクちゃんの目つきが柔らかくなったような気がしてただけ。
 でも、七月に入って、相変わらず昼休み、窓際で本を読んでた僕の肩を、ロクちゃんが叩いた時から、僕の「日常」は大きく変わってしまったんだ。

3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ