カルテット~少年と獣たち Vol.2
カルテット~少年と獣たち Vol.2
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:カルテット~少年と獣たち

公開開始日:2013/10/29
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
カルテット~少年と獣たち Vol.2 第8章 7 黒崎
 私は、翔が大のことを気にかけているのを知っている。最初は羨望とあこがれ。有能とは言えないかもしれないが、自分にはないものをたくさん持っている彼への強い関心だ。私はそこにすでに、性的なものが含まれていると直感している。そのあたりはゴールデンウィークに、もう少し深くつっこんでみよう。

 誘いをかけた翔は、なかなか返事をよこさなかったが、午前授業の終了後、理科準備室に用具をしまう係の一人に指名し、うまく二人きりになるとやっと、
「あ、あの、先生……本当に遊びに行ってもいいですか?」
 と後ろから聞いてきた。
「もちろん! お母さんの許可はもらった?」
 とふり向いて方を抱き微笑みかけてやる。しっかりしていても幼い顔に、彼なりに嬉しそうな表情がひろがるのがわかった。
「いえ、まだですけど……」
「でも旅行とかはないんだね」
 翔はうなずいた。
「よし、前も言ったけど他の子もいるみたいな言い方でね。ただし他の友達の家に行くみたいな嘘はダメ。昼過ぎに○○駅においで。もしダメなら電話しな。携帯にね。これ番号」
 私は一方的に押し切るように話を進め、電話番号以外何も書いていないメモを渡した。翔はそれを見て、握って、珍しくはっきりとした笑みを私に見せて(とても愛らしかった)、駆け去っていった。
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ