解らない所から始める不動産投資
解らない所から始める不動産投資

発行者:池中有作
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2013/08/29
最終更新日:2013/08/29 10:04

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
解らない所から始める不動産投資 第1章 登場人物紹介とプロローグ
崇はサラリーマンとして6年目となったある日、蒸発した父親の稔の電話を受けた事がきっかけだった。

「崇、久しぶりだな」

9年以上音沙汰がなかった父からの連絡である。
この時の崇は母は他界し周りには誰も居ない状況だった。

「親父か?今何処にいるんだ?母さんは2年前に他界したんだぞ。連絡もよこさないで今まで何やってたんだ」

「すまない。今度会って話がしたい。お前の家に行っても良いか?」

崇は了承し父を部屋に迎え入れる事にした。

崇は父から蒸発した後の経緯を聞き、実は風間家には祖父太郎が残した遺産があること、それで人生を建て直したい旨を聞かされた。

要約すると栃木県のある市街地の国道沿いに300坪の土地と家屋と工場が遺産分割されないまま存在し、そこの固定資産税が払えず、間もなく国に差し押さえられる。
稔はそこで車のブローカーをしてし、生活を建て直したいが、遺産が未分割の為、その遺産分割をまとめて欲しい。
それが稔から聞かされた内容だった。

具体的な内容は、この遺産分割には稔、和代、武司と妹2名の5人の相続人が存在していた。
経済的に困難を極めている稔が土地の5分の4を取得し、叔父の武司が残りの土地を取得。
和代は長男稔に遺産を譲渡し、妹2名は各々金銭にて話の折り合いがついていた。

問題は妹2名に支払う金銭と固定資産税の滞納金の納付、稔の事業資金の捻出だった。

そこで稔は息子の崇に自分の分の土地家屋を住宅ローンで購入させ、一気に事態の解決を図ろうとしていたのだ。

崇は少し考えさせてほしいと稔に返答し、後日彼女の秋元香に相談した。

「私は絶対に反対!あなたが何故そんな事をしなければ成らないの?それに地方の土地にそんな価値があるわけないじゃない。私と結婚する気あるの?」

崇は彼女の正論に、耳を貸さなかった。
いや彼の劣等感が耳を貸せなかったのだろう。
3
最初 前へ 1234 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ