vol.2「亜美通信」7月特大号
vol.2「亜美通信」7月特大号
アフィリエイトOK
発行者:桜井亜美 AMI SAKURAI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2013/08/27
最終更新日:2013/09/11 12:57

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
vol.2「亜美通信」7月特大号 第1章 桜井亜美から極彩色のトキメキをお届けします!
誰もが言う。



 結婚する時は、昔の彼からもらったプレゼントや一緒に撮った写真は捨て



るのがルール。もし夫に見られたらまだ忘れられないのだと疑われて絶対



 気きま ずくなるから、トラブルの種は早めに捨てるに限る、と。



 あたしがそのルールを破ったのにはちゃんと理由がある。



 あたしはまだフジが好きだ。



 好きで好きで好きで、どうしようもなく好きだ。



 10年の長い時間、ずっとフジだけを見つめて生きていた。



世界の真ん中にはいつもフジがいた。



 なのに他の人と結婚したのは、あの時、それしか怒りと悔しさと淋し

 

さを癒す方法がなかったから。フジが妊娠させてしまった相手を冷血



に捨てるなんてできない性格だとよく分かっていた。



 たとえフジがあたしを一番に考えていてくれたとしても。



 だから、一生、傷痕が膿むような惨めな思いをする状況からハ



ギとの結婚という方法で逃げたのだ。



 つまり最悪の卑怯者。



 大人ならこういう。お前は自業自得だ。フジと鈴が結婚するのは仕方



 ない、それが運命の巡り合わせだ、と。



 でもあたしはまだ大人じゃない。一生、大人にはなれない。



 だからそんな運命なら、粉々にぶっ壊してやる。



                               (続く)
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ