vol.2「亜美通信」7月特大号
vol.2「亜美通信」7月特大号
アフィリエイトOK
発行者:桜井亜美 AMI SAKURAI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2013/08/27
最終更新日:2013/09/11 12:57

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
vol.2「亜美通信」7月特大号 第1章 桜井亜美から極彩色のトキメキをお届けします!
 寝室の半分をカーテンで仕切ったコーナーで、白いキャビネットの一番



下のひきだしのカギを開ける。



 白い小箱と木箱に入れたスナップ写真の束を出して、中身を床にぶちま



けた。王冠のように六つの丸いツメでとめた、ムーンストーンのリン



グが転がり落ち、ドレッサーの下に入ってしまう。あたしは膝をつい



て腕を伸ばし、やっとリングを見つけた。



それほど高価なものじゃないけど、あたしはずっと大切にしていた。



29歳の誕生日にフジからもらった贈り物だから。



 それから夏の海や香港やライブ会場でフジと2人で撮った撮った写真を、



次々にめ くっていく。



 すべて見終わると、ゴミ袋に全部つっこみ、一階のゴミ置き場まで出しに



行った。でも五分もしないうちに激しい後悔に襲われ、また取り戻しにいく。



 結局、ゴミ袋から拾い集めた写真とリングを、空のポーチに突っ込んで



 元の場所に戻した。



 蒼海フジ。



 フジはあたしは学生の頃からハギと結婚する直前まで10年間恋人だった。



 あたしたちは結婚を意識しはじめた30歳の時に大ゲンカして、少しの間、



会わなかった。その間にフジはゼミの後輩の鈴と浮気し、たった一度のセッ



クスで妊娠させてしまったのだ。激怒したあたしはたまたま仕事で知り合った



ハギと結婚を即決し、1ヶ月後に結婚。



 それから1年、ついにフジは出来ちゃった結婚を決心したわけだ。



 
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ