vol.2「亜美通信」7月特大号
vol.2「亜美通信」7月特大号
アフィリエイトOK
発行者:桜井亜美 AMI SAKURAI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2013/08/27
最終更新日:2013/09/11 12:57

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
vol.2「亜美通信」7月特大号 第1章 桜井亜美から極彩色のトキメキをお届けします!
その友達は感情を受け取る人みんなと、恋愛関係にあるような感じだ



と思う。でも強すぎるエンパシーはいつも恋人の気持ちばかり考えて自分



の感情を自分で殺してしまうことと同じ。



いいことよりつらいことのほうが多くなる。



「突然、理由もなく悲しくなったり、憂鬱になったり。自分が自分で



よくわからない」って友達は言ってた。



あたしが悲しくなると、その人も悲しい。



悩んでる時は、その人も憂鬱になる。



そんなシンクロニシティ、恋人以上だよね。






でもその人にもやっぱり「心のカラ」はあるわけで・・・。



自分の気持ちを見せる時は、やっぱりドアを少しずつ開けたりしめたり。



入ってくる感情は無限大で、出すのは少し。



それじゃ消化不良になっちゃう。



その消化不良をうまくケアできなくて、今までの恋愛はうまくいかなかっ



たらしい。



「心のカラ」は人に流されたり飲み込まれたりして、自分を見失うこと



から心を守るためにあるものだよね。



でも恋愛は自分が自分でなくなる瞬間から始まる。



逆にいえば相手の心のカラをぶっ壊せたら、その時点で恋ま女神を味方



につけたも同然なはず。




5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ