みゆ・M娘のとろける粘膜
みゆ・M娘のとろける粘膜
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/07/23
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みゆ・M娘のとろける粘膜 第2章 囁き
 彼は満足げに頷いた。

「それじゃ、そのオ×××、まずは自分でさわってごらん」
「ええっ?」

「自分でくちゅくちゅさわりながら、僕の指をぺろぺろ舐めなさい。    
 その姿がかわいかったら、いっぱい虐めてあげるからね」
「うう……意地悪ぅ……」

 みゆは泣きそうな声で顔をしかめ、それでも再び彼の親指をぱっくりと咥える。
「ん……んぐっ……」
 舐めているうちに、白く美しい横顔はまた、官能に赤く火照り始めた。

 彼女の手はタイトスカートの中に潜り込み、半分めくれていたそれを、さらにめくり上げる。

 可憐なショーツが顔を覗かせた。
 みゆはその真ん中、クロッチのやや上の部分に細い指をあてがった。

「あ……」

 表情をとろかせながら、みゆはそこをくりくりと自分の指で弄ぶ。
 同時に、昂ぶる興奮を舌と唇に乗せ、男の指をぴちゃぴちゃ、はぁはぁと舐めていく。
 真っ赤に上気したその顔は、喉もとの白さと対照的に、たまらなくセクシーだった。
 
 さりさりさりっ。
 ショーツの布が擦れる音が、男子トイレの個室に響く。

 その乾いた音が、やがてくちゃくちゃ……と湿り気を帯びてきた。
 股間を覗き込めば、内側からあふれてきた蜜が、クロッチの中央をしっとりと湿らせていることだろう。

 しかし彼はそれを承知の上で、言葉だけでいたぶり続ける。

「いやらしい音がしてきたよ、みゆちゃん。なんの音?」

 太い指から唇を離し、みゆは首を振る。
「いやぁ……恥ずかしい……」

 彼はやや茶色がかったみゆの長めの髪に顔を寄せ、見え隠れする耳にそっと囁く。
「興奮して濡らしちゃってるんだよね? だったらそう言わないと」
「うう……濡らしてなんか……そんな……」
「そうなんだ? 濡らしてないの?」

 彼はみゆの股間に手を伸ばし、彼女自身が触っている場所の下にある、穴の入り口をぷくんと押した。

「あっ!」

 美女はたまらず呻く。
 その髪に完全に顔を埋め、彼は愛らしい耳たぶをそっと唇で挟んでから、熱く息を吐いた。

「いまさわったところ、しっとり湿ってたよ?」
「やだぁ」
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ