みゆ・M娘のとろける粘膜
みゆ・M娘のとろける粘膜
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/07/23
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みゆ・M娘のとろける粘膜 第2章 囁き
 手のひらにすりすりと寄せてくる美女の顔は、恥ずかしさと興奮で火照っている。

 彼はそのまま人差し指をすっと移動させ、赤い魅惑の唇へと持っていった。
 「?」という目で見ているみゆに、彼は告げる。

「指を舐めて。ぺちゃぺちゃって、いやらしく」

 みゆは少し驚いたように彼を見返したが、やがて薄く目を伏せると、そっと舌を伸ばした。

 ぺちゃ、ぺちゃ、ぺちゃ。

 美女の愛らしい舌が、男の指を丁寧に舌で愛撫する。
 そのぬめりとした温かな感触と、舐めている顔の妖艶さが、彼の情欲を昂ぶらせていく。

 この娘はこんなに卑猥な行為を、なんて華麗にやれるのだろう──。
 うっとりと目を閉じるその顔は、まるで淫欲の天使に見えた。

 彼の中で急激に、滅茶苦茶に陵辱したいという劣情と、大事にしたいという愛しさが同時に湧き上がってくる。

「舐めながら僕を見て」
「ふぁ……ふぁい……」

 舌をべろりと出したまま上目遣いで見上げてくる。こんな姿でもみゆは美しかった。

「きれいだよ、みゆ。エッチな姿がよく似合うね」
「ああ……」
「私はいやらしい娘ですって言ってごらん。そうやって僕を見つめながら」

 みゆは、男を魅了するその瞳を彼に向けた。黒目の奥で官能の炎が燃え盛っている。
 薄い唇が開いた。
「私は……みゆは……いやらしい、エッチな女の子です……」

 その妖艶さに、彼はぞくりとする。

「じゃあ今度は、みゆの体のどこを、どうしてほしいのか言ってごらん」
「ああ……恥ずかしい……」

「言わないと、何もしてあげないよ?」
 そう言って彼は、みゆの耳にふっと息を吹きかける。

 全身が敏感な性感帯となっている美女は、それだけで「ああん!」と切なく喘いだ。

「いや……されたい……いっぱいいじめてほしいの……」

 彼はなおも桜貝のような耳に唇を近づけ、熱く囁く。

「じゃあ、ちゃんと言わないとね。どこをどうしてほしいの?」

 みゆの唇からまた甘い吐息が漏れた。

「オ×××……オ×××さわってほしいの……いっぱい虐めて……」
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ