みゆ・M娘のとろける粘膜
みゆ・M娘のとろける粘膜
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/07/23
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みゆ・M娘のとろける粘膜 第3章 昂ぶり
 嫌がりながらも、言われたとおりつややかなヒップを彼の股間へともっていくみゆ。
 細い紐以外ほとんど丸見えの尻を、ぎゅっと彼のトランクスに押し付ける。

「ああ……熱い……」
「ちゃんと間に挟まったね」
「はい、挟まってます。お尻の間に、貴方の、熱くて太いの、あああ、大きい」

 みゆは自分から積極的に腰を降り始めた。
 ぷりんとした魅惑のヒップに、トランクスの盛り上がりが挟まれ、それが左右に、上下に揺すられている。

 彼は視覚と触覚の両方に、深い満足を覚えていた。

「円を描くように動かしてごらん」
「はいっ。……ああ、これ、すごくいやらしい……」

 まさしくいやらしい娼婦のように、男の股間に腰をくつつけたみゆは、物欲しげにゆさゆさとそれを振る。

「どう? もう欲しくて仕方なくなってるんじゃない?」

 彼が訊くと、みゆはつややかな髪をいやいやと揺らす。
「あんっ……もう、だめ……欲しくて……」

「欲しいって言ってごらん」

 ゆさゆさ。
 押し付けた尻を振りながらみゆが呻く。
「欲しいの……チ××欲しい……」

「どこに欲しいの?」
「あ……そこ……」
「ちゃんと言わなきゃダメじゃない」

 さんざん焦らされているみゆは、その火照った顔を上げた。

「オ×××に欲しいの。貴方のチ××、私のいやらしいオ×××に入れてぇ!」


(続く)
11
最初 前へ 891011121314 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ