みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第21章 第二十一話 襲い来る闇
「う・・・・ん。ヤダ亮輔。そんなとこばっかり弄らないで」亮輔の手は今僕の胸ばかり弄ってる。
疲れたから寝ようと思ってたのに。
亮輔ったら五ラウンド目を継続でしようとしてるんだから、さすがに疲れ果てて声も出てくれないよ。
初めの一回した後、家で親が居ない時だけしてるけど、あの日以来痛いことは無い。
亮輔は優しいから凄く意地悪な位優しく僕の中を侵食してくる。
僕なんて今日だけで何十回もイかされてもうクタクタ。
「優夜。これで終わりにするからあと一回だけ」そっと口付けながら優しく言う。
やり終わった後毎回それ聞いてるんだけど?
僕が亮輔のお願い断れないのをいい事に自分の気が済むまでヤッてませんか?
「これ以上はダメ。明日高校の試験だから…んぁっ」亮輔だけの為に開発されてしまった体は亮輔の手が触れるだけで僕の頭をスケベにしてしまう。
「はぁ……わかったよ。明日試験なら仕方ない。これ以上して優夜が落ちたりしたら俺の残りの高校生活は最悪なものになってしまうからな」なっがい溜息の後静かに僕を抱き寄せる。
してる時にはやっぱり苦しいし、切ないし、頭が朦朧としてどうしても拭えない怖さとかあるけど、終わった後のこの穏やかな時間が一番好き。
亮輔の肌を体温を気持ちを全てが体なんて通り越して、僕を包んでくれるから。
88
最初 前へ 85868788899091 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ