みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第20章 第二十話 ずっとずっと大好きだよ。亮輔。
「優夜。ごめん。痛かっただろ? ごめん。ベットに連れてきてから優夜のこと考えてやれなかった」ポロポロ泣きながら俯き、唇を噛み締めてる。
「ありがとう。亮輔がここに運んでくれた後とっても気持ちよかったよ。イテテ。ただ、出来たら立った時から突き上げて欲しかったな」顔が痛みで引きつりながらも何とか笑ってみせる。
「優夜。お前気付いてなかっただろ? 入れた時血が結構出てたんだぞ? 本当は抜いてちゃんと消毒しなきゃいけなかったのにお前の中が気持ちよすぎてもっとその快感に浸っておきたくて、もっと優夜を傷付けた」せっかく痛み堪えながら笑ったのにまだ泣き止んでくれない。
「僕入れられた後で消毒する為って言われても抜かれる方が傷ついてた。亮輔が中で出してくれてないのに抜かれるのって気持ちよくなかったんだって思うもん。そっちの方が嫌だったよ。だからこれで良かったの! 」わかった? と最後に問い詰めるようにビシィ! と微笑みながら亮輔に指を突きつける。
さすがにこれ以上は声を出すとお腹に響いて痛いんだ。
泣くよりも頑張ったねのキスの方が僕的には欲しい。
ゆっくりと降りてきた唇。
そっと撫でてくれる優しい手。
力強く抱き締めてくれる腕。
そしてまだ繋がったままの体で僕とは別の鼓動。
別の鼓動なのに僕の鼓動と亮輔の鼓動が重なってシンクロしていくこの感覚。
今は多分僕よりも泣き虫な亮輔だけど……

でも、亮輔の僕を思ってくれたその涙は一生の宝物だよ。
だから傷付けていいんだよ。
僕を泣かせていいんだよ。
喚かせていい。
苦痛を与えていい。
快楽で狂わせていい。
気持ちを切り裂いていい。
嬲っていい。
辱めていい。
亮輔は僕に何をしても許されるんだよ。
それが僕の本望だから。
たとえこの命を消されても。
それだけが僕の本望。
それが僕の大好きの意味だから。
「大好きだよ。亮輔。愛してる永遠に……」
86
最初 前へ 83848586878889 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ