みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第20章 第二十話 ずっとずっと大好きだよ。亮輔。
当然その痛みは気が遠くなるほどの痛みで、それでも、痛みが強くなるようにそして亮輔が気持ち良くなれるようにお尻にわざと力を入れる。
「ひぐっ! … ぐっ! ・・・ あぐっ! ……」何とか頑張って出来る限り速く往復して、ほんの少しでも亮輔を気持ちよくさせたかった。
亮輔の手がそっと僕の腰に触れる。
痛みで目をギュッとつぶってたから見えなかったけど、亮輔は泣いてた。
「優夜! お前は馬鹿か! お前が痛い思いしてるのに気持ちいいわけないだろ! お前の心が痛いって泣き叫んでるのに、もう嫌だって絶叫してるのにそんなお前見てるほうが俺は嫌なんだよ! 」僕のお腹に顔を押し付けてもう動かさせないとしがみ付きながら亮輔の涙声が響く。
「そしたら動いてよ。亮輔が快感ちょうだいよ。僕言ったよ? 亮輔が動いてくれないんだったら自分が一番痛いようにするって」亮輔に僕もしがみ付いて亮輔に動いてってありったけの思いをぶつける。
迷わなくていいから。
何も怖がらなくていいから。
自分の気持ちいいようにしていいから。
亮輔が気持ちいいのは僕も気持ちいいから。
どんな感覚でも気持ちいいから。
84
最初 前へ 81828384858687 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ