みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第20章 第二十話 ずっとずっと大好きだよ。亮輔。
いつまで待っても結論出なさそうだったから自分の腕と足に力を入れ激痛のはしるなか、一番太い所までゆっくり持ち上げる。
「やめろって! 優夜! 」力一杯抱きつかれて力を抜いても落ちないほどしっかりと支えられる。
大事にしてくれるのは嬉しいけど、やっぱり痛くてもいいから亮輔に気持ちよくなってほしい。
亮輔の背中を僕の手が這い回り、怪我してる場所を探す。
怪我してる所を見つけたときにいきなり爪を立てる。
「くっ…優夜…やめて」それでも必死に僕が落ちないように支えてくれてる。
そのまま重力で落ちていくと、一番太い部分と竿を一気に咥え込むことになる。
「お願い。力を抜くか亮輔が自分で動くかのどっちかにして。これ以上亮輔痛めつけたくない。力抜いてくれたらもう立ってるだけでいいから。後は全部僕頑張るから」指に入る限界まで力を入れて亮輔の傷を引っかく。
その痛みに亮輔の腕から一瞬力が抜け、僕は再度一番太い所を超え自ら望んで串刺しになる。
「あぐっ! 」激痛が引いてしまう前にまた手足に力入れて太い所まで引きずり出そうと頑張る。
体を上げて引き抜きながら亮輔の顔を見ると、背中がまだ痛いのか苦悶の表情してた。
一番太い所を引きずり出した瞬間我慢できなくて一気に力が抜け、覚悟も決めれないまま一気に飲み込む。
「んぐっ! りょ…亮輔・・・気持ち…い・・・い? 」必死に声を出し、三度手足に力を入れようとするものの激痛に疲労していた体はもう自分の体重を支えるだけで精一杯だった。
怖かったけど、亮輔から体を出来るだけ離してそのまま思い切り亮輔に打ち付ける。
亮輔の体はバランスを崩して後ろに倒れ、これ以上ないほど亮輔を咥え込む。
ゆっくりと両足を亮輔の肩から下ろし、亮輔にしがみ付いて全身で持ち上げる。
四肢のみでは持ち上がらなかった体も全身で頑張れば持ち上がった。
(そっか。何も奥深くまで入れなくても一番太い所だけ往復すれば亮輔気持ちいいかな? 僕も亮輔を感じれるし)
亮輔を感じれる事だったらもう痛みだろうと快感だろうと羞恥だろうとどれでも良かった。
亮輔の一番太い所を僕の体は何往復も繰り返す。
83
最初 前へ 80818283848586 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ