みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第20章 第二十話 ずっとずっと大好きだよ。亮輔。
亮輔の立派な息子くんが、俺の孔(あな)に入りたいと突いてくる。
まるでトイレの前で必死に我慢して入ってますか?と問いかけているようで少しだけ笑ってしまう。
「いつでもいいよ」と微笑みながら伝えた。
亮輔は俺の膝を肩に担ぎ、ゆっくりと蕾を押し広げる感覚がした。
指が草の枝位の太さだったら息子くんは丸太を捩じ込まれる感じ。
体内でメリメリと音がして一気に涙がブワッと吹き出る。
「亮輔! 痛いよ! 亮輔! 助けて! 怖い! 壊れる! 」亮輔の二の腕を握り締め、肩をずらしながら逃げる。
でも、いつまでも逃げる事は出来なくてついにはベットサイドまで追い詰められた。
痛みと恐怖でひたすら首を振り、やめてと必死に頼む。
それでもやめて貰えない。
頼んでも懇願してもますます進入してくる。
「亮輔! 僕のお尻裂けちゃう! 」痛みを与えているのが亮輔だとわかってる。
亮輔が与えてくれる感覚だから喜んで受け入れたいと思う。
それでも耐え切れない痛みだった。
自分の気持ちをしっかり持ってないと気を失うほどの痛み。
涙は流れ続け全身から汗が玉の様に出続ける。
亮輔を握っていた手を離して亮輔に抱きつき背中に爪を立てそのまま思い切り握り締める。
亮輔はなおも腰を進めながら、微笑み僕の耳元にそっと囁く。
「優夜。痛いんだろ? もっと俺にも分けて」優しいその声音に手の力を何とか無くし、枕をかわりに握り締める。
「そっちじゃないよ。ほら、こっち」俺の手を枕から外して、再び亮輔に抱きつくように仕向けられる。
抱きついた途端、亮輔の一番太い所が俺の中にズルリと入ってくる。
それは最高の激痛を引き連れてきた。
激痛が訪れた瞬間に僕の体内ではブチッと、はっきりお腹から頭の天辺まで、何かが裂けるような音が響く。
「あぐっ!! 」その激痛で一瞬にして息がつまり、どうやったら息が吸えるのかわからなくなる。
81
最初 前へ 78798081828384 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ