みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第19章 第十九話 優夜の激痛そして…
二本とも指が埋まり、その指が絶え間なく交互に淫乱スイッチを押してきて俺を狂わせる。
「あんっ…あぁ・・・んっ・・・ゃん…んー」何故か突然襲ってきた射精感に一気に飲み込まれ、気がつくとイってた。
朦朧としたままそれでもまだ体内に埋まっている指の感覚は鮮明で。
痛みが無くても呼吸がおちおち整えれない位に内臓を押し上げる圧迫感だけが莫大に感じられる。
「大丈夫? 優夜」心配そうに呟く声にそっと目を開くといつの間にか俺の顔と向き合うようにして心配そうに覗き込んでる亮輔の顔が見え、そっと手を首に回し頑張ったご褒美を貰う。
深いキスを貰いゆっくりと離す。
口と口の間に糸が引き淫靡な雰囲気を物語る。
そっと指が引き抜かれる時もずっとキスしてて痛みがはしった時に俺の口から漏れた悲痛な言葉も亮輔の口の中に吸い込まれていく。
ゆっくりと流れる時間。
いつまでもこうしていたいと思う。
終わりなんて来なければいい。
ずっと。永遠に。

完全に指が抜け、亮輔がバスローブを脱いで俺の体を拭ってくれる。
そのとき初めて自分が大量の汗をかいていたことを知った。
俺だけイかされてなんかずるいと思った俺は素直に亮輔の息子くんを覗きにいく。
「優夜。無理しなくていいんだよ」優しく話す亮輔を大丈夫だよと振り切り、息子さん元気かな?と覗いてみる。
元気をなくし、項垂れてた亮輔のモノ。
「ごめんね。苦しい思いさせたままで。今度はちゃんと中に入っていいから元気出して」優しく告げると可愛そうに思えてならない。
イク事も無く苦しいまま萎れてしまったソレにそっと舌を伸ばす。
ゆっくり丁寧に付け根から舐め上げ、そのままそっと口の中で可愛がってあ げ る。
亮輔の息が少しずつ上がってるのが音でわかって少しだけ嬉しい。
口の中に入ってきた可愛い亮輔の分身はやっぱり恥ずかしそうにかくれんぼしてて、少しずつ顔を出させるべく手で竿の皮を剥いていく。
当然皮を剥く時は亮輔が痛くないように恥ずかしそうに出てきたピンクの膨らみを口腔内でゆっくり嘗め回してあげる。
俺の口の中で姿を見せた恥ずかしがり屋さん。
そっと口から出して、初めて全部見えた恥ずかしがり屋の先端に優しくキスを落とした。
79
最初 前へ 76777879808182 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ