みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第19章 第十九話 優夜の激痛そして…
指も好きだけど、やっぱりもっと濃い味で反応が多くて面白い方が俺は好き。
やっとで辿り着いたソコは少しだけ熱気があって亮輔以外の匂いがしなくて俺の大好物がヒクヒクと動いてた。
(あった。これこれ。俺が求めてたモノ。でも、こんなに長くて太いの本当に俺の中に入るの? )そっと手を伸ばし、浮き出た血管をなぞる。
すると顔の隣にいた亮輔の足がピクッと反応してそれが俺に味を占めさせ、何度も繰り返す。
「優夜。しつこい」もっとしつこい手の持ち主が、体を持ち上げ俺の大好物を移動させる。
俺の大好物が移動した場所は、胸の上。
どっかりのしかかり、俺に触れさせないように密着する。
俺の足は左右に開かれ、亮輔の脇の下に挟まれる形で余す所なく亮輔の熱い視線を感じる。
「悪い。少し痛いかもしれないけど我慢な」亮輔が読解不可能な発言をしたが、俺の目は大好物に釘付けで首が痛くなってきた。
そっと亮輔しか触れた事がない場所に指が添えられる。
びっくりしたけど、亮輔がする事だ。
俺にとって何一ついや万に一つも反抗はない。
首が疲れてベットにおろすと、ベットサイドにコンドームさんを発見。
亮輔が知っていたら確実に使ってくる。
そもそもこのホテルは家族専用みたいな所なのにコンドームさんはないはず。
用意したのは俺でもないし、ホテルの人でもない。となると、残った犯人は、亮輔しか居ない。
必死に手を伸ばし、コンドームさんをゲット。
いきなりばたつく俺にびっくりしたのか下肢の穴から指が退く。
俺はそんな事どうでもいいように封を切りさっさと先端に噛み付き引きちぎる。
亮輔が体を起こし俺の方を振り返った時には無残なコンドームしか残っていない。
「ゆ・・・優夜。昨日お前が出かけてる間にこっそり買ってきた秘術品を……」亮輔があの目で訴えかけてくる。
捨て犬の様な目で。
それでも俺はその目を無視して怒鳴る。
77
最初 前へ 74757677787980 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ