みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第18章 第十八話 優夜の恐怖 亮輔の想い
「頼むよ。教えて」必死に羞恥に堪えながら、それでも尚、知りたいと、亮輔だけの全てを知りたいと訴える。
「聞かないでって言ってるのに物分り悪い子だな。それに優夜、人にお願いする時はそうじゃないだろ? 」ゆっくりと確実に俺の穴を圧迫して少しずつ感触を味わうように指が侵食してくる。
多分指一本なのだろうが、アレを入れられたら多分俺は堪えられなくて泣き叫ぶだろう。
苦痛で亮輔を力任せに殴るだろう。
そして亮輔は優しいから途中で終わってくれるだろう。
でも、俺は亮輔から欲しい。
亮輔だけから欲しい。
苦痛を伴おうとどれだけ泣き叫ぼうと。
最後まで犯して欲しい。
怖い。今朝見た大きさからして確実に恐怖しか無い。
「ひぐっ…いたっ。お願いだから教えてよ。お願い」恥ずかしさと恐怖に顔が歪んだ拍子に溜まった涙がゆっくりと流れ落ちた。
痛みが俺の四肢を強張らせ、手元の近くにあった枕を握りつぶす。
侵食してきてた圧迫感が和らいで指が抜かれた事を知る。
そして俺を静かに抱きしめてくれる。
「優夜が初めてだよ。他の誰ともこんな事してない。初めて恋したのも優夜だし、こんなことするのも初めて」亮輔の言葉を肯定するように俺の頬から心臓の早鐘の音が伝わってくる。
「亮輔。する間ずっとこうやっててくれない? 」無理だとは判ってても、痛みに堪える顔とか、よがってる顔とか恥ずかしくて見られたくない。
そっと抱きしめてくれてた腕は外され上から覗き込まれるようにして言い切られる。
「それは泣いてお願いしても駄目。俺は出来れば優夜の可愛い顔全部見たいの。お前が思ってる程俺は優しくないんだよ」照れた様に笑いながら、俺の額にデコピンしてきた。
「うー。そしたら手縛ってよ。それだったらプレイみたいでいいでしょ? 」デコピンでしかめた顔を好きな人だけに向ける満面の笑みに変え、再度お願いしてみる。
いいかどうかを答える時間を与えず両手を揃えて亮輔の前にはいと差し出す。
73
最初 前へ 70717273747576 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ