みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第18章 第十八話 優夜の恐怖 亮輔の想い
これから起こる事に想像を絶する痛みが待っている行為に対する不安、そして縮こまってしまいそうな恐怖が無いと言えば正直嘘だ。
でも、知識としては知ってる。
ナニをどうするのか。
何処に入れるのか。
本読んで勉強したから。
でも、きちんと知りたかった事を口にする。
「亮輔。こんな事するのって俺が初めて? 」
俺の体は割り開かれ両足は胸に当たって全ての恥部を亮輔に晒していた。
死ぬ程恥ずかしいのだが、亮輔がしたいなら何だってする。
例え誰かがこの世界から消え去ってしまっても俺は迷う事無くするだろう。
亮輔さえ俺の隣に居てくれれば。
それだけが俺の望みだから。
「優夜? 何でそんな事聞くの? 」少しだけ笑いながら俺の恥部を全て余す事無く見ている彼はわざとらしく聞き返す。
「そんなの知らねー。でも、どっちなの? 男の人としたことある? それとも女の人と? 」あえて初めて? と付け足さないのは余りに手際が良かった事と余裕があり過ぎると俺が独断で判断したから。
「そんな悪い事言う子には……」唾液で濡らされた亮輔の優しくて意地悪な指が俺の自分でも直接触れた事無い場所へと触れた。
生理的に体が跳ね、涙が溜まる。
「ちょ、真面目に聞いてるんだよ! ちゃんと答えろ! 」別に入れられる事も犯される事も覚悟はしてる。でも、その前にちゃんと知りたかったんだ。
大好きな人が俺だけのものかどうか。
ただ単に俺の我侭で、好きな人に対する独占欲。
そんな事判ってるけど知りたい。
俺だけで独り占めしたい。
他の誰にも譲りたくない。
過去も現在(いま)も未来も全部俺一人だけを見て欲しい。
他の人間なんて見て欲しくない。
昔とは違う。
昔はただ、自分を見て欲しかった。
今と変わりないように思うかもしれないけど、昔は自分さえ見ててくれれば他の人を見てても構わなかった。
今は自分だけ。他の人を見て欲しくない。
どんどん、欲張りになってる。
「まだ言う? これ以上聞かないで欲しいんだけどな」さすがに言いたくないのかはたまた言えない事をしてたのか判らないが、どうしても言う気は無いらしい。
その間も俺の皺を数えてるようにゆっくり、そして執拗に円を描き触られる。
72
最初 前へ 69707172737475 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ