みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第15章 第十五話 亮輔の気持ち 優夜の言葉
いきなり横倒しにされ肩撃ちつけて目が覚めた。
(いってー。何だよいきなり)
「おい優夜を何処にやった! 返答次第じゃただで済むと思うなよ? 本気で殺すからな! 」
(あれ? 亮輔兄ちゃん? ここだよー! 助けて! )狭いけどそれでもバタバタ暴れる。
それに気付いたのかチャックが開けられて朱色の空が眩しい。
「ぷはー。きつかったって亮輔どうしたんだよ! その痩せ方! おい! 作者。どう言う事なんだよ。頼む教えてくれよ。何で亮輔がこんなに元気ないんだよ! 」この馬鹿(作者)に頼りたくはないけど、この際仕方がない。
「お前ら二人とも馬鹿の集まりか? まず、優夜。お前は確か言われてなかったっけ? 亮輔から隣に居ろって。そんで、亮輔? なんでしっかり捕まえとかないかな? おかげさんで俺の家、食器無くなったっての。その分のお金出してね。それに交通費も」あっけらかんと言い放ちやがる! ぶん殴ってやろう。ってうまい事亮輔が俺のぬいぐるみ持ってるじゃん。
貸せって亮輔からぶん取って……
バフッ
「うごっ…」
よし作者倒れた。
バフバフバフバフバフバフバフ
「ゲホッゲホッゲホッ」
よし。この位で勘弁してやろう。
とりあえず亮輔を何とかしないと。
振り向いて亮輔見たらニッコリ微笑んでた。
嬉しそうに。
楽しそうに。
「良かった。優夜が無事で」そっと俺に手を差し出してくる。
その手を握り返す。
「亮輔ご飯食べてないの? それに母さん達は? 確か今日帰ってくるはずだろ? 」
60
最初 前へ 57585960616263 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ