みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第14章 第十四話 監禁された優夜!?
「はいはい。妖怪はさすがに嫌だからネタ晴らししてやるよ。お前の考えてる事とか行動ってのはすぐに俺の小説に出てくるの。だから絞め殺すとか物騒な事考えんなよ」それだけ言うと俺から目を離そうとはせず、どこかに電話し始める。

「おい! 鈍感の意気地なし野郎! お前は一体何やってんだ? は? 優夜が居ないって今更気付いてんのか? ってか優夜ならここに居るぞ。お? もうそろそろ優夜が騒ぎ出しそうだから切るな。俺の住所は優夜にしか教えてなかったし、お前は優夜の事……だろ? なら自分で必死に探して迎えに来い! 頓痴気」フーとため息を付きながら携帯を放り投げる。
って……
鈍感で意気地なし、んで? 頓痴気?
って事はこの馬鹿野郎は亮輔に電話してたって事かよ!
「おい! もしかしてさっきの電話亮輔じゃないだろうな? 」もし亮輔に電話してたとしてあの口の利き方してたりしたら絶対許さん! 亮輔が許しても俺が許すまじ!
「ははは。だとしたらどうする? オチビちゃん? ってそんな事言っててもはじまらねーし、こっちに居る間位ゆっくり観光でも行かないか? 金はねーけど」

とりあえず開放して欲しくて頷いちまったけど。
亮輔兄ちゃん今何してるんだろう?
あれから2日。
ずっとこの作者って威張り散らしてる馬鹿は連絡してない。
こっそり電話しようにも、起きてきて紙持ったまま目を通し、俺の携帯も奪って行く。
亮輔。早く助けに来てよ。
57
最初 前へ 54555657585960 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ