みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第14章 第十四話 監禁された優夜!?
「んー…ぁんっ…ぅんっ…ぁ、あぁ~…」高められてはギリギリの所で落ち着かせられるこの苦しさは快楽を初めて経験する優夜にとって「生き地獄」、もしくは「快楽の蟻地獄」状態。
「お…願…い…んっ…イカ…せて…んふぅ…もう…駄…目…あぁん…」うわ言の様に呟くが優夜自身何を言ってるのかもう判ってない。ただ、この苦しさから開放して欲しい。それだけを願っていた。
ユルユルと触っていた小さな性器が少しずつラストに向けて早くなっていく。
「あぁっ…ぁんっ…んっ…んー…」もう理性の欠片すら残ってない優夜はただ、首を左右に振る。
「優夜、気持ちいい? 」優夜の耳元に優しく囁く亮輔自身も、もしかすると理性が飛んでいるのかもしれない。
「ぅん…気持ち…イイ…あぁ…んっ…何か…出そう…痺れ…る…ぁんっ…怖い…よ…あぁっ」初めての射精の恐怖からなのか亮輔の胸に必死にしがみ付いて来る。それがまた亮輔からしたら可愛いのか薄く笑いながら「大丈夫だよ」と耳元で囁きながら優夜の頭を自分の胸に抱きしめる。
優夜の体が一際大きく四肢を突っ張らせて、大きく撓る。
「あぁーー!」次の瞬間には、優夜の性器から勢い良く精子が飛び出し、優夜の胸辺りまで濡らしていく。
55
最初 前へ 52535455565758 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ