みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第14章 第十四話 監禁された優夜!?
空は澄んだ蒼から朱色に変わり、そして静かにそしてゆっくりと暗くなっていく。
「ガキだった頃のあの闇と比べるとまだ可愛い方か」なんて事を言いながらそっと息を吐く。
吐いた息は白く、気温の低さを教えてくる。
寒くてカタカタ震えてくる体を擦り暖めながらそれでもアミューズメントの入り口に留まり続ける。
大事な人を待って、待って、待ち続けて。
約束をすっぽかされたかのようにそれでも大切な人を信じて待ち続ける。一人の恋するだけの人間。
行く末も、未来も判らず、ただただ今現在の自分が見つけた真実。それにどう対処したらいいのか判らず震えているだけの人間。
(そっか。ここは作者居るんだ。ってか福岡に住んでるとか言ってなかったっけ? )
仕方なく離れたくは無いものの作者からとりあえず夜間だけ過ごせるだけの服をこそぎ取るため、作者の家を目指す俺だった。

ピンポーン
「誰だ? こんな時間に……」
中から声がする。
(てーことは居るんだろ? さっさと出ろや)イライラしながらドアが開くのを待つが一分もしないうちに俺は待ちきれずに切れた。
ピンピンピンピンピンピンピンピンピンピンピンピンピンピンピンピンポーン!
「おいこらぁー! 出て来んかい! おい! 今まで散々と邪魔してくれたよなぁー! さっさと開けろや! ゴラァー! 」これでは殆どヤクザの取立てですから……
53
最初 前へ 50515253545556 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ