みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第13章 第十三話 明かされる真相…優夜の苦悩
「次は、スペースワールド駅 スペースワールド駅です。お降りのお客・・・」
着いたんだ。
思いっきり考え込んでたら到着しちゃうよ。
ねー、亮輔? 俺って何者なの? 俺って必要なの? 何処の馬の骨とも判んないのに……
俺の本当の両親は俺を捨てたんだろうか? 
俺は不必要で邪魔な存在だったんだろうか?
俺は一体……
スペースワールドの入り口まで行くと、人は殆ど居なかった。
でも、中は賑やかで、家族の声とか羨ましい位に聞こえてくる。
(こんな時ばかり聞きたくない音が聞こえて聞きたい声は聞こえない。それって何だか酷いよな)
本当に俺って必要とされてないんじゃねーの? 亮輔からも部屋に入れてくれねーし、抱きついたとしても困ったように笑ってすんなり腕を外そうとするし。俺って疫病神なんかな?

ノンビリ地べたに座り空を見上げながら考える。
その時間だけ俺はゆっくり自分を見直す。
答えがあるか無いかに問わず。
ただ、亮輔にとって自分がどんな存在なのか?
母親にとって自分は必要とされているかどうか?
俺の両親は何してんだろう? なんて無駄な記憶も欠片すらないまだ見ぬ両親を還り見、そして記憶の無い両親に感謝する。
自分を捨てた事を。自分を生んでくれた事を。そして亮輔に出会わせてくれた事を。
52
最初 前へ 49505152535455 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ