みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第13章 第十三話 明かされる真相…優夜の苦悩
両親共に昨日から夫婦旅行とかで海外行っちゃってるし。
帰ってくるのは今日から一週間後。それまでどうやって兄貴を誑かす。いやいや、落とそうかな? なんて悠長な事を考えながら自分の分と兄の分の朝食を用意して一人虚しく食べる。
その後ずっと小さい時から気になってた住民票を取りに行く為、腰を上げた。
近所(管轄)の区役所に出向き、受付で一応確認する。
「あのー。自分の出生知りたいんですけど」ついに知る時が来た。
母が何故見せてくれなかったのか。
「それならそちらの住民票申請用紙ではなく、こちらの戸籍謄本の申請をされた方が確実ですよ。お金は結構掛かりますが……」
金なんてどっちでもいいんだよ! 
どうせ兄貴の誕生日とかでしか使わないんだから。
毎年お小遣い貯めて兄貴の誕生日の時にウン百万する時計だの筆記用具セットだの兄貴が好きそうな指輪だのそんなのにしか遣う気がしねーんだから。
戸籍謄本の申請用紙に必要事項を書き、さっさと受付のねーちゃんに差し出す。
「すみませんが、身分証などはお持ちでしょうか? ご本人が確認できるような」
「はい」ぶっきら棒に言いながら中学校の生徒手帳を差し出す。
さっさと確認とって早く渡してくれよ。
俺だってギリギリで心臓持ちこたえてくれてんだから! 
数分経ち書類が出てきた。
それを持ったまま、家に帰りまだ寝ているであろう亮輔の部屋の前まで行く。
やはり独りで見るのは怖い。
静かに封筒を開け、ゆっくりと中の紙を引き出していく。
続柄の所だけ目を向け、確認していく。
父  養父
これは事実だからどっちでもいい。
亮輔 義兄
これも事実。
50
最初 前へ 47484950515253 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ