みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第13章 第十三話 明かされる真相…優夜の苦悩
そんなこともあったなと懐かしく優夜は思い出から戻ってくる。
あの後は家に帰っても口開かなくて、亮輔から土下座までされたから許してやったけどさ。
俺って亮輔には甘いのな。
さてと、修学旅行の荷物なおしてたんだった。
こんな思い出に浸かるなんて俺の頭って何処を切っても亮輔の事しか浮かばない。

明日は平日だけど休みだし、兄貴とどこか遊びにいこうかな。
そろそろ受験勉強しないと優夜では受かる事はない途轍もなく高レベルな学校が第一志望なのだ。
第二志望と第三志望?そんなもん知らねー。俺は亮輔から離れてやる気なんて殊更ないんだから。第一志望だって亮輔が居るからに決まってる。亮輔の居ない学校なんてつまんないんだよ!
一生だって引っ付いていってやる。
何処から来るんだ?その自信は……

そんなこんなで翌日。
優夜は亮輔の部屋の前まで来ていた。
何故、部屋の前に居るかって?
それは鍵が掛かってるからに決まってんだろうが!! 
わかんねー奴はこの物語のはじめの方読み直して来い! 
(読者様にそんな失礼な言葉を言うんじゃない! この我侭プーが! )
んで、その鍵をどうやって開けようか考えてる所だ。
どうやっても無理なんだろうけど、さっき窓の外を何とか伝って確認したんだけど亮輔ってば窓までご丁寧に鍵掛けてやがんの。
仕方ない。今日は諦めて退散か。
近頃多いな。
諦めて退散ってやつ。
49
最初 前へ 46474849505152 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ