みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第11章 第十一話 お帰り優夜 そしてデート?
楽しい日が過ぎるのは早い。
帰宅前日ともなれば僕も少し落ち着いてきたのか、ふと話し始める。
「ねー。亮輔ぇー。僕が一ヶ月記憶無い時って何してたの? 」当然の疑問である。
やはり好きな人の行動は逐一気になって仕方が無いのだ。
僕と出会う前の事は何があったとしても今更と、僕自身も思うのだが、僕自身が記憶の無い眠っている間は別! 絶対確かめて浮気してないようにしないと。亮輔かっこいいんだから! ってな具合に意地で聞き出そうとする。
それでも答えない亮輔にだんだん焦れてきた僕はここにぬいぐるみが無いので仕方なく代理でシングル二つの枕を両手に握り締める。
その光景が懐かしかったのか、それとも変わってない僕を垣間見れて嬉しいのか亮輔が噴出す。
「何で笑うの? そんなに僕が子供っぽい? 」プクッと頬を膨らませ、あと一回笑ったら枕で叩いてやると腕を上げる。
「はい。子供っぽいです。まるっきり駄々を捏ねる子供です。多分貴方はそこから抜け出れないでしょう」ボソッと呟く作者にダブルの鉄槌が降ってくる。
「僕は亮輔に聞いてるの! アンタはすっこんでろ! 二度と出てくるな! あほー! 」
「悪いけど今回ばかりは出るところ間違えたね? 以前の助け確かに感謝だけど今回は俺も許さないよ! 」
「ギャフッ」不気味な声を残して作者は潰れた。

それから亮輔は少しづつ話し始める。
44
最初 前へ 41424344454647 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ