みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第96章 第九十六話 俺の弟
下駄箱についてお互い外履きに履き替えると校門を潜る。
「お兄ちゃんっ、と道也兄ちゃん。一緒にお買い物行こ? 」何故かニコニコの美優の後ろでお爺ちゃんが美優の頭を撫でてた。
「どうする? 道也」隣に居る相棒に問い掛ける。
「美優ちゃんと一緒なら何処へでも」聞くだけ無駄だったかと少しだけ反省。
長年の片思いだからかそこら辺のすぐに告白するような輩と違って美優のすぐ隣に居たがる相棒。
たまに美優を脅しに来た奴等相手に俺一人で無謀にも立ち向かった事もしばしば。
「それでお爺ちゃん何処に行くの? 」多分言い始めは美優だと思うけど何処に行きたいとか言い始めない性格なのは承知しているのでいつも出かける時は近くに居る親戚達に聞くのが一番早い。
「何か今のオーバーオールが小さくなってきたとか破れ始めたって言ってるから近くの洋服屋に連れて行こうかと思ってたんだよ」美優のウソだって判ってて付き合ってるんだから優夜おじいちゃんも人が良すぎる。
俺らもお爺ちゃんの事言えないんだけどね。
美優が行きたいのは何処でもいいのだ。
皆で一緒にお出掛けしたいだけ。
ついでだから俺も我慢してた靴でも買うかな。

皆でにぎわう町に着くとまず、美優の用事がある洋服屋に入っていく。
試着室で色々見ているのだがどれも可愛いものばかり。
綿パンで後ろポケットにワンポイントで熊の刺繍《ししゅう》がしてあったり、ジャンバーの後ろに可愛気のあるワッペンがしてあったり。
もう可愛ければ何でもよしの世界。
まるで少女趣味。
美優の好きな物はおおよそ理解している俺に着る度に聞いてくる美優に一言だけ返す。
「お兄ちゃん。僕似合ってる? 」にっこり微笑んで聞いてくる。
「全然似合ってない」一言だけ返して俺は黒のジャケットを持ってきて美優に渡した。
「こっちの方が似合ってると思うぞ? 」わざとやってるのだ。
可愛いもの大好きの美優に似合わないシックな物を寄越す事こそ毎回の買い物の楽しみにしてる俺にとって当たり前の行動。
そしていつ通りに泣き出すのだ。
「道也兄ちゃん。お兄ちゃんが意地悪言うぅー」ほら来た。
391
最初 前へ 388389390391392393394 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ