みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第96章 第九十六話 俺の弟
教室に向かう途中で美優が居て優夜お爺ちゃんと一緒に帰るように伝えると僕達は教室に戻って授業を再開した。
暴力を傘に着て威張る気も無いから回りに居る奴等が勝手に俺に近付いて来ないだけ。
せいぜい近付いて来ても美優の話位。
授業も終わり帰り支度をしていると突然クラスメートから声を掛けられた。
「竜哉君。美優ちゃん大丈夫だった? 怪我とかしてないよね? 」ほらね、クラスの女子どもは美優に興味があっても直接美優に声を掛ける事はしない。
男子達は可愛い後輩と思ってたり、自分の弟とか恋人気分のやつまで居る。
全く変な学校だよ。
「美優が怪我したとしても包丁あたりなんじゃないか? 」軽口を叩きながらしらけた顔で帰り支度に戻る。
「包丁ってまさか竜哉君が脅したりして虐めてるんじゃないよね? そんな事してたら私だけじゃなくて学校全体で竜哉君虐めるからね! 」何か吐き捨ててどこかに行った。
本当に変な勘違い。
だって美優は料理が下手でそれでも手伝おうとしては包丁で指に怪我をしたりしてるんだから。
真面目に美優の自己責任だ。
溜息一つ漏らした時俺の肩に手を馴れ馴れしく置いてくる奴が居る。
そんなのは道也一人だけどな。
「道也どうした? 今日も俺んちに遊びに来る? 」何となく肩に手を置く事がお互いの家に遊びに行く事と同義行動となってしまってる。
「ああ。どうせだから美優をまたゲームで泣かそうかな」また道也の悪い癖が始まった。
ほら、良く言うだろ?
好きな子ほど泣かせたいとか虐めたいとか。
数ヶ月前に相談された事があったんだよな。道也が美優の事好きなんだって。
告白はする気無いらしいけどこれから先もずっと幼馴染では辛いと思うんだけどそこら辺は本人達次第なんじゃないのかとも思うんだ。
「あんまり美優虐めすぎると嫌われるぞ? 」いつも通りの口調で言うと何とも言いようの無い苦笑いだけの返事が返ってきた。
390
最初 前へ 387388389390391392393 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ