みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第10章 第十話 消えた恋心の行方その中で優夜は?
二人は朝から遠い九州にあるスペースワールドまで来ていた。
そう。心ここにあらず状態の二人だけで。
道行く人は誰一人として二人に声を掛けようとはしない。
声を掛けるだけで二人の闇が一瞬にして、自分を飲み込むかのような恐怖を覚えるからだろう。
僕が持っている闇。亮輔が持っている闇。双方違えど一緒に居たいと思うのは一緒なのだろうか? 
お互い繋いだ手を離そうとはせずただギュッと誰も入れないよう、強く握り締める二人なのだった。
「兄貴。ここに居ても何にもなんないじゃん。荷物も一杯だし。ホテル行こうよ。んで、荷物なんてさっさとおいてスペースワールド遊びに行こう。一杯乗りたいものあるんだ」ニッコリ笑いながら楽しそうに話す僕。その雰囲気からは以前の僕の面影はない。
それが無性に悔しいのかもしくは、はがいいのか亮輔の口数は以前と比べて少ない。
「うん。そうだね。優夜昨日から楽しみにしてたもんな」僕と話す時何故か悲痛な顔をする。それが今の僕には引っかかって拭えない。
(何か俺悪い事でもしたか? 確かに手首切っちゃったのは悪いとは思うが。一応お母さんも結婚したし、俺が悪いのか? )全く僕は恋心を封印してからというものその理由が判らず頭を抱える。
(それに何かにつけてすぐに俺に触れようとするし。こうやって手を繋いでても放そうとしないだろ? 何でかこっちまで緊張して力入っちゃうじゃん)
僕としてはそんな感じで仕方なく繋いでいるようだが、何故か振り払えないのだ。兄の手を。
振り払おうと考えた時は山ほどある。でも、しようとすればするほど急に抱きついたり、力が入って振り払えなかったり。とにかくどうしても無理なのだからもうこの際気にしないことにした。
それは微かに残る僕の恋心なのかもしれない。離れたくないと願いながら封じ込めた恋心。その名残がそうやって出てきているのかもしれない。今の僕には気付く事も無いだろうが……
39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ