みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第95章 第九十五話 妊娠と出産それぞれの思い
その日から一年後。亮輔お父さんから呼び出されて今優夜お父さんの料理を堪能していた。
「優輔。二人子供産みたいって言ってたな? 」やっぱり亮輔お父さんのトーンが低い。
怒ってるのかな?なんて思いながらも正直に答える。
「うん。今でも…どんなに危険でも産みたいって思ってる」
「判った。でも、条件がある。受精卵を体内に入れるときから生まれて数日経つまで薬で眠らさせて貰う。当然子供に影響の無い薬を使う」それでもいいか?って目で聞いてくる。
「うん。判った。休憩の期間はどれ位? 」ここだけはしっかり聞いておきたい。
だって休憩の時間は赤ちゃんと触れ合える時間。
それが凄く楽しみだから。
「一人目の出産から一年後第二子の着床をする。着床から九ヶ月と一週間位で産まれてくる。本当は代理母出産にさせたいんだが……」言葉を区切り何故か優夜お父さんに目を向ける。
「駄目! 代理母出産させたら養子になるんだから! ちゃんと自分の息子なり娘なりしっかりした形の方が優輔も納得するでしょ」
「……という訳だ」何だか亮輔お父さんが可愛そうに見えるのは僕だけだろうか?
それから一ヶ月もしたら僕は第一子着床の為眠りに就く。
385
最初 前へ 382383384385386387388 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ