みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第89章 第八十九話 離別
僕が醇ちゃんに出来る事って何かな?
健吾と別れる事? 
別れたら醇ちゃん嬉しいかな?
嬉しいと思う。好きな人が隣に居てくれるんだもんね。
そっとリビングの扉を開ける。
「優輔どうしたの? 寝れない? 」優しく聞いてくる健吾の声が昔の健兄ちゃんの声と重なる。
「健吾……」あと一息。
もう少し頑張れば醇ちゃん幸せな気持ちになれるんだから。
「どうした? 」
「…別れよう……」
「何で別れなきゃいけないの? 僕の事嫌いになった? 」しゃがみ込んで僕の目の高さまで屈んでくれた。
「……うん」そのまま静かにリビングを出てお兄ちゃんの部屋に入る。
少し時間を置いて玄関のから誰かが出て行った音だけが届く。
(これでいいんだ。これで……いいんだ)声を出して泣きたいのに涙だけ流れて声なんて出ない。
お兄ちゃんの部屋に鍵を掛けると床に座り込む。
靖隆が一度だけ来たけど返事しなかった。
ただ一言だけ話があったらリビングで待っててやるからおいでって言われる。
醇ちゃんが起きて来てもお兄ちゃんの部屋から出る事も無く時間だけが無駄に過ぎ去っていく。
「優ちゃん。僕帰るね。また明日学校で会おうね」醇ちゃんが帰っても靖隆はずっとリビングで待ってる気がした。
お昼近くになって玄関の扉が開く音がする。
お兄ちゃん帰ってきたんだ。
下から何か話し声が聞こえてくる。
今は凄く胸が痛くて張り裂けそうだけど、いつかこの痛みも無くなってくれるよね?
醇ちゃんと健吾が一緒にデートしててもいつか笑って応援出来るようになるよね?
優夜お父さんが起きた時みたいに……笑って応援出来る日が来るといいな。

誰かが玄関を出る音がした後静かにドアをノックしてくる。
「優輔? そこ僕の部屋なんだけど……」少しだけ不機嫌そうなお兄ちゃんの声。
鍵を開けドアを開く。
お兄ちゃんが部屋に入ってきて僕の横を通る時軽く頭を撫でてくれる。
昔からそうだった。
友達からお父さんが二人も居るなんて変な奴とか言われてしょげてた時も健兄ちゃんが引っ越していった時もお兄ちゃんは僕の横を通る時に軽く撫でてくれる。
いつでも話聞くから話したくなったら話においでって合図。
僕が話し始めるまで何も聞かないでくれる。
凄く心細くて自分が弱っちく見えて寂しくて悲しくて涙が流れてきた。
365
最初 前へ 362363364365366367368 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ