みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第87章 第八十七話 誘い
予想された小さないざこざも起きなかったのが不思議な位。
「それで、靖隆。お部屋散らかってても僕が一緒にお片付けするからいいでしょ? それに健吾も何で無理なの? 僕二人のお部屋見たい」また話を振り出しに戻してみる。
だって面白いんだもん。
何となく隠し事してるみたいだし、僕を仲間に入れてくれないから悪い。
「あの、優輔? 本当に今足の踏み場も無い位に散らかってて」靖隆の言葉を途中で切って言い返す。
「だから良いんだってば! 僕もお片付けするから…ね? 」食い下がってもう一度おねだり。
「俺はいいけど、あんまり可愛くしてたら襲っちゃうよ? 」少し意地悪く微笑む健吾。
でも、その程度で引いてあげる僕じゃないもんね。
「いいよ。その代わりちゃんとお部屋見せてね? 」にっこり微笑み返す。
靖隆も何とか言いくるめると僕は二人にいきなりのお願いを申し出る。
今日はお父さん達もお兄ちゃんも居ない。
そう。今日は僕一人がこの家に居るんだ。
「二人共今日ここに泊まれない? 」お兄ちゃんやお父さんも居ない夜は初めてなんだ。
夜ご飯も一人じゃ寂しいし、寝る時だって寂しいと思う。
二人共家に電話して貰って何とかお許しが出たみたい。
初めて晩御飯とか作るけどちゃんと僕美味しく出来るかな?
何処となく不安の募る夜はまだ始まったばかり。
360
最初 前へ 357358359360361362363 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ