みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第87章 第八十七話 誘い
デートがようやく終わりを告げようとしていた時、ふと街中である人物を見つけた。
声を掛けようか迷ってる間に見えなくなる。
珍しい組み合わせだった。
何故あの二人が一緒に居るんだろう?
「もうすぐ帰り始めないと時間に間に合わないぞ」両手一杯に紙袋を提《さ》げてる靖隆が声を掛けてきたので静かにその声に従う。
「知り合いでも居た? 」僕の右手と繋いでくれてる健吾が話しかける。
「うん。琴美ちゃんと醇ちゃんが居たの」何故か二人は琴美ちゃんの名前を出した瞬間に二人で顔を見合わせてそそくさと僕を引っ張った。
このまま家に帰り着いたら初デートが終わりを迎える筈なんだけど……
家に帰り着くと郵便受けの中に何か入ってた。
取り出してみると少し大きめで膨らんでいる封筒。
僕の名前が書いてあったから開けてみると中からは昨日二人に会う前に見た覚えのある包み。
確かこの包みは琴美ちゃんが渡そうとしてくれてたチョコレートだった気がする。
封筒の中には紙が一枚同封されてた。
女の子特有の丸文字で書かれている文字に琴美ちゃんの強さが垣間見えてる気がする。
『私はまだ諦めてないからね! 先輩達に虐められたりしたらすぐに私の所に来てね。絶対守ってあげるから! 琴美より』そう。僕が断ったのに琴美ちゃんは全然諦める様子一つない。
あの走り去った時に見せた涙は一体何だったのだろう?
異性と言うのは不思議。
「優輔。今日のデートはこれで終わり。楽しかった? 」覗き込んでにっこり微笑んでくれる健吾は凄く優しくて何故か懐かしい。
「うん。とっても楽しかったよ」琴美ちゃんからのチョコレートと手紙を封筒にしまい、玄関を潜る。
家は静まり返ったまま人の気配が無い。
優夜お父さん達帰ってきてないのかな?
お兄ちゃん達もデートって言ってたような気がするし。
リビングに入ると置手紙が一枚だけある。
357
最初 前へ 354355356357358359360 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ