みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第86章 第八十六話 初めての……
事前に優夜お父さんには予定表といくら位お金が必要か書いた紙を渡してて、お金は彼氏の健吾が握る事になってる。デートの予定を立てるのは靖隆のお仕事。
僕のお仕事は……
無い。
だから! 無いんだってば!
僕だって何か無い? って聞いたよ。でも、沈黙の後に楽しむ事がお仕事って言われたの!
でも、『楽しむ事』は三人共通のお仕事で、僕だけのお仕事じゃない。
だからお仕事は無いの。
少しだけ寂しい。
優夜お父さんに連絡用で一台携帯電話を買って貰って、デートの計画を立ててる靖隆が管理する事になってる。
だから今はお父さん二人で携帯電話屋さんにお買い物。
今使ってるのは優夜お父さんの携帯。
そして携帯が渡されるまでの間は亮輔お父さんに連絡。
デートの計画が僕の寝坊で大幅に変わってしまった為今僕達は近くの公園で優夜お父さんからの返事を待ってる所だった。
三人で今日の予定を話していると靖隆の携帯から音楽が鳴り始める。
電話だったみたいで少し離れた場所で靖隆が話してる。
「優輔。何が食べたい? 」
「お腹空いたけど、僕もデートの計画立てる時何か仕事したい。そしたらもっと一緒に居れるでしょ? 」
「優輔。健吾。優夜さん了解だって。お金は渡した分以内だったら問題ないってさ」携帯電話をズボンのポケットに入れながら僕が落ち込んでるのを見ると荒っぽく撫で回す。
「ヤス。優輔にデートの食事場所決めさせないか? 役割が無いって凹んでるみたいでさ」僕の代わりに健吾が言ってくれる。
僕達はそのまま近くのデパートへと足を向けたのだった。
最上階にある食堂街で色々見て回る。
中華や洋食や食べ放題などなど選《よ》り取りみどりでどれにするか迷う。
初めて入るお店では決まって洋食だけは避ける。
何でかってハンバーグ食べたくなるもん。
だけど、前にも言った通りこだわりがあるの。
「洋食で優輔お子様ランチ食べるか? 」茶化してくる靖隆を軽く無視して残りの和・中・お寿司・食べ放題の中から選ぶ。
355
最初 前へ 352353354355356357358 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ