みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第85章 第八十五話 涙と大嫌いチョコレートのバレンタイン!
「健吾と靖隆。この前の可愛い子がデート誘いに来てるよ」余計な事言わないで欲しい。
もっと辛くなるだけだから。
どたばたと出てきた二人の手を引っ張って僕の教室まで連れて行く。
今握ってる手はもう二度と握れない手なんだ。
僕以外の誰かが大事な手として握ったり握られたりするんだ。
教室に着くまで一回も顔を見る事無く、泣きながらただ前を見て歩き続ける。
教室に着くと袖で涙を拭いて振り返った。
(どうせ振られるんだ。一秒でも早いほうが先輩達楽だよね? )
「あげる」ぶっきら棒にランドセルから引きずり出したチョコレートを先輩達に差し出す。
だいきらいの文字が書かれたチョコレ-ト。
いつまで待っても受け取ってくれない。
頭にきて二つとも床に投げ捨てて走り去る。
(嫌なら断ればいいんだ! 僕が琴美ちゃんにしたように断ってくれればいいんだ! 先輩達の馬鹿! 意地悪っ! 大っ嫌い! )家までずっと涙が止まらなくて、それでも早く家に帰りたくて思いっきり声出して泣ける場所に行きたくて必死に走る。
家に帰り着くと僕は優夜お父さんの車椅子に抱きついて泣き付く。
「急に泣いて帰ってきて何かあったの? 」ゆっくり頭を撫でてくれながら優しく聞いてくれる。
「振られた! 何にも言ってくれなくて振られたぁー! うわーーーーーん! 」
「そっか」それだけ言うと僕が泣き疲れて眠るまでずっと頭を撫でてくれた。
351
最初 前へ 348349350351352353354 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ