みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第85章 第八十五話 涙と大嫌いチョコレートのバレンタイン!
『だいきらい! 』
僕って凄く我侭。
こんなの貰っても僕ちっとも嬉しくない。
でもでも、こうでもしないと僕が諦めれない。
ごめんね。健吾先輩と靖隆先輩。
ごめんなさい。
お兄ちゃんに見つかる前に全員分のラッピングを済ませると居間で朝ごはんを食べてるお兄ちゃん達の元へ向かう。
「優輔。出来たのか? 綺麗に出来た? 」昨日の夜の苦しそうな気配はまったく無くてちょっとだけ吃驚する。
「うん。出来た」あんまり元気には返事出来ない。
だって大好きな先輩達に書いたものは『だいきらい』なんだもん。
「もしかして昨日の夜何か変なもの見た? 」恐々(こわごわ)聞いてくるお兄ちゃんに僕は裸んぼで何かしてたのを綺麗に思い出す。
「うん。あれ何してたの? プロレスごっこ? 」僕としては大真面目に答えたんだけどお兄ちゃんが急に笑い出す。
一頻(ひとしき)り笑い終えるとお兄ちゃんが教えてくれた。
「あのね、あれは本当に大好きな人とだけしていい遊びなんだよ。優輔もいつかする日が来るかもね」お兄ちゃんはいつだって嘘を教えたり隠したりしない。
(本当に大好きな人……)一気に沈む自分の気持ちに負けないように明るくお兄ちゃんと光啓兄ちゃんにさっき出来上がったばかりのチョコレートを渡す。
「ありがとう。それよりも早く食べて学校行かないと遅刻しちゃうよ? 」
時間を見たらもう七時半。
光啓兄ちゃんのお家から学校まで必死に走っても十分は掛かる。
どたばた朝ごはんを食べてランドセルを背負うと玄関を飛び出した。
だいきらいと書かれたチョコレートを二つとお父さん達に渡すチョコレートを持って。
349
最初 前へ 346347348349350351352 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ