みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第83章 第八十三話 好き? 好き? 戸惑い
必死に泣かないように手に力を入れても歯を食いしばっても堪えれない涙が手の甲から落ちてズボンに染みを作っていく。
「それじゃ、優輔。もう一つ教えて。もし僕と靖隆が二人しか乗れないボートがあって優輔乗せたらどっちかしか助けれなかったらどうする? 」落ち着かせるように頭を撫でて聞いてきた。
どっちかしか助けられない…ってそんなの決まってる。
僕が海に落ちてもいいから二人共助ける。
じゃないと僕悲しいし寂しいもん。
「やだぁ。そんなのやだよぉー! 」我慢なんて出来ない。
どっちかしか居ないなんて嫌だ。
声の音量なんて気にする余裕なんてなくて図書室に居る生徒も先生も一斉に僕の方を見る。
それでも、やっぱり嫌だ。
どんなに恥ずかしくても惨めでも二人共居て欲しい。
ずっとずっと一緒に居て欲しいんだもん。
三人とも突然泣き出した僕に頭を撫でたり背中を摩ったり涙を拭ってくれたりしたけど僕の涙は最後まで止まる事なんて無かった。
泣きじゃくる僕を靖隆が抱っこしてその場を逃げ去る。
考えるだけで悲しくて辛くて考えることすら拒否したくなって……
夜も眠れない位泣き続けた。
342
最初 前へ 339340341342343344345 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ