みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第79章 第七十九話 授業参観と恐怖
「他の子達もちゃんと聞いて。ここにいるお母さんやお父さんは色んな用事が一杯あるの。その中にはどうしても外しちゃいけない用事だって持ってる人がいる。どんなに忙しくっても来てくれてるのに子供が授業妨害する所を見る為に時間割いてる訳じゃない! そんなに授業聞きたくないなら……」そのままお母さん達が立っている方に向き直るとそのまま言葉を続ける。
「僕もそうですけど、子供の嫌な一面見る為に時間割いてる訳じゃないと思いますので別の教室で懇談会を先にしませんか? 」言い終わるとそのまま出て行く。
お母さん達も全員。
クラスメイトは動揺し始め、ワタワタしだす。
でも、どうしたらいいのか判んないみたいで誰も行動しようとしない。
僕は振り上げた手を下ろして胸倉も離すとそのまま優夜お父さんの後を形振《なりふ》り構わずに飛び出していく。
ドアを開け放ち飛び出すと誰かにぶつかる。
「一年坊、ちゃんと前見て歩け」僕の学校には意地悪な先輩のグループがあってそのグループは皆大体知ってる。
僕も小学校に入学して一ヶ月くらい経った頃に友達が教えてくれたんだ。
「ごめんなさい。次から気をつけます」頭を下げるとそのまま急いで優夜お父さんの後を追う。
多分車椅子だからそこまで遠くに行っていないはず。
急に出てきた足に躓《つまづ》いて顔から倒れる。
痛みがジワジワ出始めて目にだんだん涙が溜まってきた。
「謝って済むんなら警察なんていらないよな? 」怖い声で上から睨みつけられながら言って来る先輩に僕の涙はより一層溜まる。
嗚咽まで混じり始めた頃には五人位のグループが僕を取り囲んでいた。
「本当に許して欲しいなら明日五千円持ってきな。放課後屋上に居るから。ちゃんと持ってきたらご褒美やるよ」ガタガタ震え始めた僕をそのままにして先輩はどこかに行く。
友達から教えて貰った内容は凄かった。
教室のガラスを全部割って回ったとか脅してお金を持っていくとリンチされて病院に三ヶ月も入院しちゃったとか。
あやふやな話では手足を複雑骨折とかも聞いた。
329
最初 前へ 326327328329330331332 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ