みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第77章 第七十七話 頑張りと優しさ
「今助けたとしても優夜お父さんにとって何の助けにもならない。優輔が今行ったとしても早く寝なさいって怒られるだけだよ? それでもいいなら行っておいで」言い終わると膝の上で手を組んで顎を乗せそのまま何も言わなくなる。
僕は我慢出来なくて枕もプリントもそのままにして優夜お父さんの前まで走っていくと廊下の床で蹲《うずくま》ってた。
抱え起こそうとしたらいきなり雷が落ち始める。
「優輔! ちゃんと寝ないと明日学校だろ! もう寝なさい! 亮輔。居るんでしょ? 優輔寝かしつけてきて」階段の陰から亮輔お父さんが出てくると優夜お父さんをそのままにして僕を抱えたまま歩き出す。
「優夜。おやすみ。お前もちゃんと寝ないと明日のリハビリ疲れるぞ」亮輔お父さんが言った言葉はたったのそれだけだった。
「亮輔。ありがとう」返ってきた言葉もそれだけ。
部屋に戻ってきて亮輔お父さんが何故かクスクス笑い出した。
「本当に優夜は頑張り屋さんだ。ね? 優輔……」ゆっくり僕の頭を撫でながら眠るまで隣にずっと居てくれた。
きっと優夜お父さんが一緒に暮らし始めるまで遠くないものであって欲しいと願いながら。
324
最初 前へ 321322323324325326327 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ