みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第74章 第七十四話 幸せな朝
だけど、今日は違う。
目玉焼きにベーコン。そしてお味噌汁に白い炊き立てご飯。
優夜お父さんはちゃんと座ってご飯が食べれる時間に起こしてくれてネボスケの僕には嬉しかった。
何もかもが違う朝だけど、変な感じではなく凄く嬉しくて凄く暖かくてとっても楽しい。
朝ご飯を食べ終わると学校に行く。
(ちゃんと隆文君に謝らないと。優夜お父さんと初めてしたヤクソクだし)決意も新たに学校へ向かう足を小走りから本気で走る。
ゆっくりなんて歩いてられない。何もかもが明るい朝なんだ。今までみたいに家族の誰かが返事しない訳でもない。これから四人で暮らしていける。
家族全員で楽しく過ごしていけるのだ。
何でゆっくり歩けるだろう。ゆっくり歩くより今を楽しんで走りたい。
学校に着くと隆文君が来るのを待って隆文君が来たら頭を下げた。
「隆文君。昨日殴ってごめんなさい」優夜お父さんとのヤクソクを守る。
約束は守る為にあるんだってお兄ちゃんが言ってた。
ちゃんと約束を守ってたら絶対にいい事があるって言ってたんだ。
「俺もごめん。昨日は言いすぎた」隆文君からも頭を下げられて二人共目が合うとお互い同時に笑い出す。
だって可笑しいでしょ? 
二人してお互いに謝るんだもん。
これからも隆文君と仲良くしていけるといいな。
314
最初 前へ 311312313314315316317 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ