みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第72章 第七十二話 優夜お父さん
(殴っちゃいけない事位僕だって判ってる。でも、でも……)
「でも、僕悪くない! 隆文君がお父さんの悪口言うからいけないんだ! 」頭を振って一生懸命伝える。僕は、僕は、お父さん達を守りたかっただけなんだって。
「優輔! ちゃんと隆文君のお母さんやお父さんには僕が言うからちゃんと殴った事は謝れ! いいね? 」初めて聞いた強い口調に僕の体がビクンと跳ねる。
「うん」コクンと頷く。殴った事はいけないから謝る。初めての優夜お父さんとの約束だから。
(でもね、僕お父さん達の事悪く言われたくない)靴を脱ぎ、膝を抱えて頭を乗せて聞こえないように嗚咽を漏らす。
「ほら。そんな狭い所で小さくなってないでこっちにおいで」凄く明るい笑顔でさっきまで怒ってたのが嘘みたいに手招きされ、僕はいじけ顔のまま靴を履いてベットの横に行き、また靴を脱ぐとお父さんのベットによじ登る。
登り終えた時いきなり僕の体は優夜お父さんの腕の中に囲まれ、僕の髪の間を縫うように優しく撫でてくれる。
暫く撫で続けてくれて何だか涙より恥ずかしさの方が強くなってきた頃お父さんが口を開いた。
「優輔。ちょっとお願いがあるんだけど。聞いてもらってもいい? 」初めての優夜お父さんからのお願い。何だかワクワクして元気良く頷く。
「うんっ。何をすればいいの? 」凄く嬉しくてにっこり笑いかけながら答える。
「看護士さんに僕の部屋に来てもらうように伝えて欲しいのと克俊たちに二十分後に僕の部屋に来るように伝えてきてくれない? 」一本ずつ指を立てて二つのお願い事を聞く。
「わかったぁー」元気に返事するとベットから飛び降りて靴を履くと病室のドアを開け放ち看護士さんたちが居るお部屋へと向かうのだった。
307
最初 前へ 304305306307308309310 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ