みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第72章 第七十二話 優夜お父さん
「この子は優夜兄ちゃんと亮輔お父さんの子供だよ。血の繋がってる二人の子供」また胸の奥がチクリと痛む。
「優輔? 今小学校? 何年生? 」優しく微笑みながら聞いてくるお父さんに初めて僕の名前呼んでくれて嬉しくて僕自身の事を聞いてくれるのが何だか楽しくて僕は口を開いた。
「えっと…モガッ」突然横から出てきた手に口が塞がれる。
ゆっくり手の持ち主を見上げると小さく、そして断固として首を横に振る。
(そうだった! 僕の年言っちゃったらいけないんだった)答えたくても答えれなくて僕はシュンと首を垂らす。
「克俊。随分大きくなったね? 今いくつ? 中学生? それとも高校? まだ光啓君と仲良くしてるの? そうだ。光啓君元気? 」いきなり喋り捲(まく)る優夜お父さんに僕は目が点になる。
「光啓とは今でもつるんでるよ。光啓も元気。優夜兄ちゃんのおかげだよ」優夜お父さんが寝てる時間を上手くかわしながら答えるお兄ちゃんを尊敬の眼差しで見上げつつ僕はヘマをしないようにお兄ちゃんにしがみ付いてたんだ。

「優夜兄ちゃんが起きたって本当? 」ノックもなしに入ってきた康宏おじちゃんと光啓兄ちゃんと僕の幼馴染の醇(じゅん)ちゃん。
醇ちゃんって言うのは、醇斗君って言って僕と凄く仲がいい同い年。
僕とは違って勉強も運動も凄くてクラスだけじゃなくて全校生徒の女子から人気なんだ。
ちょっとだけ羨ましい。
「康宏! 光啓! 久しぶり。僕は久しぶりって感じしないんだけど…二人共元気にしてた? 」顔や姿や背丈とか変わってても何となく僕が生まれる前から変わる事無く接してるんだろうと思えるほどお父さんの笑顔は嬉しそう。
「うんうん。僕達は元気だよ。国久と亮輔兄ちゃんはまだ仕事が一時間位残ってるからまだ二人とも来ないと思うけど、亮輔兄ちゃんなんて優夜兄ちゃんが目覚めたって連絡来た途端に仕事ほったらかして帰るとか言い始めて大変だったんだよ? 」亮輔お父さんと二人だけで晩御飯食べに行く時は決まって優夜お父さんの病院の後で行ってたから凄く凄く心配だったんだと思う。
僕なんかが理解できない位に……
305
最初 前へ 302303304305306307308 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ