みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第70章 第七十話 優夜の子育て日記その11(優夜編最終話)
素直に中まで押して行ってくれる亮輔。そして廊下へと続く扉は閉ざされた。
「申し訳ございませんでした」それだけ言うと頭を下げる。
「全く親の教育がなってないからこういうことになるんです。判って頂けますでしょう? 先生」どこかで似た事を聞いたような台詞。
その言葉の使い回しが何処となく亮輔のお母さんに似てる。
「はぁ……」納得するようなしないような微妙な返事の先生。
ひたすらに僕の隣で謝り続ける亮輔。
奥さんをまぁまぁと宥める隆文君のお父さん。
何とも異様な空気を纏っている。
「お言葉ですが、教育がなってないとはどの様な教育ですか? 家庭でする教育でしょうか? 」あくまで控えめに聞く。
「そうです。やっときたと思ったら両親共に男性なんて。男の人で子供の教育なんて出来る訳ないでしょう」あくまでつっけんどんに言い返してくる。
「そうですね。確かに私は優輔が生まれる前意識を失い今日の夕方まで寝てました。ですが、子供の教育はちゃんと私の代わりに頑張ってしてくれてると思います」ここだけは曲げる訳にはいかない。誰が何と言おうと克俊が頑張ってしてきてくれた努力を無駄にする事は出来ない。
「どうして今まで意識失くされていたのかは存じ上げませんがどうしてちゃんと教育してたと言い切れるのです? 現に叩いているじゃありませんか! 」机を思い切り叩きながら憤慨し始める女性。
確かに僕も優輔が叩かれていたら同じように怒ったと思う。我が子が一番可愛いから。
僕だってそう。一番我が子が可愛いんだから。
「叩いた理由ご存知ですか? 」ふと切り出す本題。隣で亮輔が止めに入ってくるけど関係ない。だってこれは初めて僕が優輔にしてあげれる事だから。
今までしてあげれなかった僕がしてあげれる事だから。
「どんな理由であれ叩く方が悪いじゃない」
「確かに叩いた優輔は悪い。だからちゃんと明日謝るように言ってます。謝って済む問題かどうかそれは判りませんが、でも、それでも一つだけ母親の先輩として教えてください」周りの人達が止まった。
亮輔も担任の先生も隆文君のご両親も。
297
最初 前へ 294295296297298299300 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ