みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第7章 第七話 気付いた恋心と終焉
「亮輔兄ちゃんなんで止めるの? 降参って言ったでしょ? 」頬をプクーと膨らませながら文句を言う。
「さすがにその先はヤバイって。もうこれで終わり。ね。時間もう遅いし寝よう? 」
「やだ! 辞めない! 時間遅くないし眠くない! 」それだけ言うとさっさと見せろと言わんばかりに亮輔の下着をひん剥いてしまう。
(これが亮輔兄ちゃんのか)ついつい見とれてしまうのだが、あんまり見蕩れ過ぎると下着を上げようとする手が絶対に伸びてくるだろうと察知した優夜は、そっと亮輔の誇示してるモノを掴む。
(エッチビデオはモザイク掛かってたけど何かエッチビデオの人とは違う気がする)
始めはゆっくり扱きながらたまに覗くピンクの頭をジーと見つめる。
(ここを舐めたら亮輔兄ちゃんもっと気持ち良くなるのかな? )優夜の頭の中は亮輔の為しか考えちゃいない。
ゆっくりと亮輔自身に顔を近づけ、たまに覗く小さな山に舌を伸ばし、ペロッと少しだけ舐める。
(しょっぱい! しょっぱいの僕嫌いなのに! これじゃ亮輔兄ちゃん喜ばせられないじゃん! )
そんな愚痴を心の中で叫ぶ優夜とは対照的に、舐めた瞬間亮輔の体がプルプル震え、亮輔の胸が忙しなく上下に揺れる。
(え? もしかしてさっきの気持ちよかったのかな? 声じゃ反応無いけど、亮輔兄ちゃん気持ち良さそうに顔顰めてるし。よし! 好き嫌い言わないでもっと頑張ろう! )
もう一度亮輔に顔を近づけて今度は恐る恐る口の中へと誘う。
「ちょ、優夜! マジでそれはヤバ…んっ」
自分の口腔内に入れ込み、ゆっくりと舐める。
時には皮に隠されたピンクの丘を舐めたと思ったら次は皮の外側から円を描く様に優夜は一心不乱にただただ亮輔の為だけに舐め上げていく。
「ひ・も・ひ・い・い? (きもちいい?)」口に咥え器用に言葉の合間で何処かを舐めながら不安になって尋ねる。
「優夜。お前気持ち良過ぎ。でも、これ以上はもう駄目だって。いくら血が繋がってないからって義弟には変わりないんだから」亮輔にとっては当たり前で、たわいの無い一言に過ぎなかったんだろうが、優夜にとっては涙が出るほど悲しかった。
やっとで気付いた自分の気持ち。
29
最初 前へ 26272829303132 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ