みんな・愛してるよ
みんな・愛してるよ
成人向アフィリエイトOK
発行者:カオス
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:大好きだよ

公開開始日:2010/07/21
最終更新日:2012/03/12 22:53

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みんな・愛してるよ 第66章 第六十六話 優夜の子育て日記その7 お正月ver.その弐
翌日、両親と僕達二家族揃って三社参りへと出かけた。
当然、克俊と光啓は前を歩きながら浮かれてる。
僕は二人の後姿を見ながら世間話を楽しむ。
僕が目を離した数十秒の後、いきなり鳴り響くクラクション。
状況を把握しようと辺りを見回す。
赤信号に気付かず横断歩道に出てる克俊と光啓。
向かってくる白の軽自動車。
なり振り構わず二人の手を握り引き戻そうと握り引っ張る。
克俊はともかく、亮輔並の光啓を引っ張るのだから簡単にはいかない。
力一杯引っ張ると僕の体が車道へと飛び出す。
振り返ると二人共亮輔と国久に支えられてる。
「優夜ぁーーーーーーーーー!! 」叫ぶ亮輔の顔を見ながら僕の口が動く。
(子供達お願いね)
次の瞬間に響き渡るブレーキ音と衝突音。
浮き上がる僕の体。
スローモーションか連続写真でも見てるような目に飛び込んでくる皆の顔。
その中僕が思ったのは、子供達が無事でよかったと微笑む。
地面に頭から落ちその後の意識は途切れた。
284
最初 前へ 281282283284285286287 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ